ニュース / 2020.12.17

《最短1日で免許取得》日本に住む外国人が母国の免許証を活かして、原動機付自転車(通称:原付バイク)の運転免許証を取得する方法

日本に住む外国人にとって生活の質を向上させる手段のひとつ運転免許。今回はその中でも「原動機付自転車(通称:原付バイク/排気量50cc以下)」の運転免許取得に関する情報を提供したいと思います。まだ日本の原付バイクの運転免許証を取得していない方、これから原付バイクの運転免許取得を検討している方にとって有益な情報です。

■《母国の運転免許証をお持ちの方》日本で原付バイクの運転免許証を取得する2つの方法

日本では海外で取得した運転免許証をそのまま使うことができません。日本で利用可能な免許証の取得または切り替えが完了しないまま運転をする行為は交通ルール違反となります。

母国の運転免許証をお持ちの方が日本で運転するための方法は2つあります。
① 国際免許証を取得する
② 日本で有効な免許証に切り替える

※母国の運転免許証をお持ちでない方は、こちらのYOLO NEWSをご覧ください。

①国際免許証を取得する

国際免許証とは、日本国外の運転免許証を元に発行される免許証です。日本国外の運転免許証を持つ方が日本で運転する場合はこの「国際運転免許証」を取得する必要があります。主に日本への旅行や出張など、一次的な運転を目的とした際に取得される方が多いです。国際免許とパスポートを合わせて携行することで、ジュネーブ条約の加盟国での運転が可能になります。  

《国際運転免許証の取得方法》

現在住んでいる地域にある、以下の場所で受付可能です。
・各都道府県の警察署の運転免許課
・運転免許センター
・運転免許試験場

《取得に必要なもの》

(1)母国の運転免許証(有効期限内のもの)
(2)6ヶ月以内に撮影された写真1枚(縦5cm×横4cm、無帽、正面、上三分身、無背景、枠なし)
(3)海外渡航を証明するもの(パスポート、飛行機のチケット等)

《有効期限は1年間》

国際免許の有効期間は1年です。有効期間が切れた国際運転免許証は、近くの運転免許センターや試験場へ返還できます。


出典: httpsbike-news.jppost139975

②日本で有効な免許証に切り替える

日本で有効な免許証に切り替えるには、出身国で発行されてから少なくとも3か月以上経過している有効な運転免許証を持つことが条件となります。
また、知識確認や技能確認を免除する国等(29か国等)は以下となります。
アイスランド、アイルランド、アメリカ合衆国(バージニア州、ハワイ州、メリーランド州及びワシントン州に限る)、イギリス、イタリア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、スイス、スウェ-デン、スペイン、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェ-、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、モナコ、ルクセンブルク、台湾

《日本で有効な免許証に切り替える方法》

現在住んでいる地域にある、以下の場所で受付ています。
・各公式運転免許センター

《切り替えるの必要なもの》

(1)母国の運転免許証(有効期限内のもの)
(2)パスポート
(3)母国の免許証の日本語翻訳文
*免許証の翻訳が必要な方、各公式運転免許センターに申請手続きが必要になります。手続費用は3.000円(郵送での申請の場合、✙500円)になります。詳しくは、JAFサイトへ
(4)住民票の写し
(5)在留カード、特別永住者証明書等
(6)6ヶ月以内に撮影された写真1枚(縦5cm×横4cm、無帽、正面、上三分身、無背景、枠なし)

《申請料》
原付:1,500円(普通:2,550円/大型・中型・準中型:4,100円/その他:2,600円)
交付手数料:2,050円
併記手数料:200円

■日本で原付バイクの運転免許証を取得することで得られるメリット

原付バイクの運転免許取得はそう難しくはないので、1日程度で取得可能です。原付バイクの運転免許証を取得することで、日本での選択肢が増えます。


例えば、
①公共交通機関のみでは辿り着けない場所へ最短で行ける。
日本には、電車やバスなどの交通機関のみでは辿り着けない場所がいくつかあります。入り組んだ街の中心部や、大通りに面していない場所など様々です。原付バイクを運転して、まだ行ったことが無い日本の美しい場所巡りや旅行に行くことも可能になります。

②通勤・移動コストが下がる場合がある
電車通勤などに要する移動費用が、原付バイクの場合ガソリン代のみになります。毎日往復1,000円の距離でも、数百円程度で住む場合がほとんどです。
この他、移動におけるさまざまなメリットが得られます。


【仕事で活かせる原付バイクの運転免許証】
要原付バイク免許保持者向けの求人リストをご覧ください



YOLO JAPANの新たなメディアブログ、YOLO NEWSは、日本に住む外国人を対象としたお得な情報、流行や日本の豆知識などを提供していきます。

関連記事

サービス