サービス


お仕事から病院でのサポートまで、在留外国人の暮らしに関することを幅広くサポートしています。

アルバイトのお仕事

もっと見る

モニターのお仕事

もっと見る

イベント

YOLO JAPANは、日本に住む外国人の暮らしを全面的にサポートする会社です。「お仕事を探したい」「日本語を勉強したい」「遊びに行きたい」「病院でのサポートが欲しい」日常生活の中にある"もっと"を、YOLO JAPANは提供します。そのために、日本で初めての外国人の拠点となる「YOLO BASE」を作りました。友達と、家族と、お一人でも、いつでもお気軽にお越し下さい。

もっと見る

お知らせ

ニュース / 2020.01.09

在留外国人に人気なアパレルブランドTOP3は、ユニクロ、H&M、GU

ニュース / 2020.01.09

在留外国人を対象に、226ヵ国14万人以上の在留外国人が登録している日本最大級のメディアを運営する、株式会社YOLO JAPAN(代表取締役:加地太祐、東京本社:東京都港区、以下「YOLO JAPAN」)は、「ファッション」に関するアンケート調査を実施しました。 ※アンケート実施期間:2019年9月30日~2019年10月30日 回答者数:80ヵ国620名   [TOPICS] よく購入しているブランドTOP3は、ユニクロ、H&M、GU 全体では「価格」・「着心地」・「長く着れる」「ぴったりしたサイズ感」が人気となるも、好きなデザインは国別に異なる傾向あり 日本に来てファッションで困ったことは「サイズがないこと」 参考にしているファッションの情報源はSNS。購入する際のチャネルは実店舗とオンラインの利用がほぼ同比率1. よく購入しているブランドTOP3は、ユニクロ、H&M、GU アンケート調査の回答者のうち、ファッションに興味はありますか?という質問に94%(584人)が「はい」と回答しました。 よく購入しているブランドはありますか?という質問に対して「はい」と回答した71%(439人)の実際に購入しているブランドTOP3は、ユニクロ(71% 311人)、H&M(52% 229人)、GU(42% 184人)となりました。 以下ZARA(36% 157人)、GAP(27% 120人)、Foever21(24% 104人)、しまむら(17% 75人)、無印良品(10% 43人)となり、外資系ブランドが多くを占める結果となりました。その他の回答でも、NIKEやadidasなどのインポートスポーツブランドが目立ちました。 また、国籍別に各ブランドを選んだ回答者の数をみてみると、国によって好まれるブランドが異なることが分かりました。 最も回答数の多かったユニクロは、特にベトナムからの人気が高いことが分かりました。次いで人気のあったH&Mは、特にフィリピン・インドネシアからの支持がありました。GUに関しては、バングラデシュからの人気が強い結果となりました。 <国別 好まれるアパレルブランド> ユニクロ ベトナム H&M フィリピン・インドネシア GU バングラデシュ GAP インド・バングラデシュ MUJI ネパール・中国 Forever21 フィリピン ZARA マレーシア・ネパール しまむら フィリピン・バングラデシュ 2. 全体では「価格」・「着心地」・「長く着れる」「ぴったりしたサイズ感」が人気となるも、好きなデザインは国別に異なる傾向あり  ファッションを選ぶ際の基準に対して、全体の73%(453人)が「買い求め易い価格」、僅差で「着心地のよさ」(71%  443人)と回答。続いて「トレンドに関係なく着れる」(51% 314人)、「ぴったりのサイズ感」(45% 276人)と答えました。 国別の傾向を見てみると、特に買い求めやすさを重視したのはフィリピン・アメリカに多く、着心地の良さはインドネシアで多く支持される結果となりました。また、フランスはトレンドに関係なく長く着れる質の良い服を選ぶ傾向が見られ、韓国は母国でのトレンドに沿った異性受けの良い服を選ぶ傾向が見られました。 <国別 選ぶ服の基準> フィリピン 買い求めやすい価格 アメリカ 買い求めやすい価格・ぴったりのサイズ感 ベトナム 若く見えるデザイン・洗いやすさ 中国 日本国内でのトレンド・ほどよい露出 インドネシア 着心地のよさ フランス 安物と思われないデザイン・トレンドに関係なく長く着れる マレーシア ほどよく露出している・大人っぽいデザイン 韓国 母国でのトレンド・異性にモテるデザイン バングラデシュ 露出少なめ・ゆったりとした服 ネパール 若く見えるデザイン オーストラリア 機能性のよさ・主張をおさえたデザイン ロシア 機能性のよさ ニュージーランド 個性的なデザイン ドイツ 個性的なデザイン     3. 日本に来てファッションで困ったことは「サイズがない」こと  日本に来てファッションで困ったことはありますか?という質問をして「はい」と回答した47%(291人)の回答を見てみると、「サイズがない」との回答が63%(183人)を占めました。続いて、「価格が高い」(39% 113人)、「必要なものがない」(35% 103人)、「どこで買えばいいかわからない」(19% 55人)という結果となりました。 フリー回答には「自分のサイズの洋服はインポートブランド(海外のブランド)にしかない」(アメリカ、女性、40代)、「日本の服は細身でサイズが合わない」(イギリス、男性、30代)、「特にジーンズはサイズが合うものがない」(ベトナム、女性、20代)というサイズに関してのコメントが多く寄せられ、「日本の丈上げにかかる費用が高い。ユニクロと同じくらいの価格でできるのが理想」(フィリピン、男性、20代)という声も上がりました。 その他のフリー回答では、「ヒジャブ*を見つけるのが難しい」(ベトナム、女性、10代)、「服の素材が何と書いてあるかが分からない」(インド、男性、20代)、「洗濯表示が日本語で分からない」(ネパール、男性、40代)など、宗教的な習慣や、言語の課題に関するコメントも上がりました。 また、「選択肢が多すぎて困る」(中国人、女性、20代)「ブランドが無数にあって好きなデザインは見つかるけれども、サイズがない」(カナダ、男性、40代)というように、日本の市場のファッションブランドの多さに関する声もありました。 *イスラム教徒の女性が、公の場で女性が頭髪を隠す布。   4. 参考にしているファッションの情報源はSNS。購入する際のチャネルは実店舗とオンラインの利用がほぼ同比率    ファッションの参考にしている情報源は何ですか?という質問に対して、一番多く上がったのは「Instagram」(49% 302人)でした。次に「海外のインターネットサイト」(37% 231人)、3番目に「Facebook」(30% 184人)という結果となり、SNSが主な情報源となっていることがわかりました。 また、どこで買いますか?という質問には、「ショッピングモール」(62% 387人)と「インターネット・通販サイト」(60% 371人)が特に多く、続いて「アウトレットモール」(50%  309人)と「百貨店」(48% 297人)という結果となりました。 フリー回答には「メルカリ」を利用している回答者も見られ、オンラインショッピングの利用率の高さと、二次流通の波が日本に住む外国人にも及んでいることが浮き彫りとなりました。

ニュース / 2019.12.27

在留外国人に人気の銀行口座は「ゆうちょ銀行」理由は開設のしやすさ

ニュース / 2019.12.27

在留外国人を対象に、226ヵ国14万人以上の在留外国人が登録している日本最大級のメディアを運営する、株式会社YOLO JAPAN(代表取締役:加地太祐、東京本社:東京都港区、以下「YOLO JAPAN」)がこのほど実施したアンケート調査※によると、アンケートに回答した在留外国人のうちほぼ全員が日本の銀行口座を持っており、そのうち、6割近い人はゆうちょ銀行を使っていることが分かりました。※アンケート実施期間:2019年5月24日~6月23日、回答者:75ヵ国670名のYOLO JAPAN会員ゆうちょ銀行が選ばれている理由として、他銀行では口座開設の条件として日本での滞在期間6ヶ月を求めているのに対し、ゆうちょ銀行では滞在期間を3ヶ月としていることや、申込書は英語をはじめ、ベトナム語や中国語でも対応していることが挙げられました。また、申し込みの際に印鑑が不要という点も好まれていることが分かり、口座を開設する際の利便性の高さが選ばれている理由であることが分かりました。具体的には、アンケート回答者から以下のようなコメントが寄せられています。「日本語を話せなくても開設できる唯一の銀行でした」(ナイジェリア、女性、20代)「就業先やハンコがなくても開設できるので、学生にとって便利です。」(ケニア、女性、20代)「インターネットで申し込みできたから。その時、同時に他の銀行にも申し込んだけど、日本で6ヶ月以上の滞在が必要だったのでゆうちょ銀行にしました。」(フランス、女性、20代)2位以下には、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などの大手銀行が続き、地方で暮らしている外国人のなかには地元の銀行で口座を開設している人もいることが分かりました。これらの銀行を選んだ理由について、支店やATMの数が多いことを挙げた人が最も多く、なかには、勤め先や大学から指定の銀行が決められている人もいることが分かりました。日本に住む外国人のほぼ全員が銀行口座を持っているものの、開設の際に難しさを感じた人が多くいることがわかりました。難しさを感じた点について、申込書類の記入などを日本語で行わなければいけなかった(72%、479人)、印鑑が必要だった(25%、170人)、口座開設時の日本での滞在期間が6ヶ月未満だった(14%、92人)などの理由が挙げられました。これらの点において、ゆうちょ銀行が提供するサービスは外国人のニーズを満たしていることが伺えます。それ以外に、携帯電話を持っていなかった(26%、175人)ことで銀行口座の開設が難しかったと答えた人も全体の四分の一を占めています。それ以外にも、回答者からは銀行開設時の体験談として、以下のようなコメントが寄せられました。「日本には『ミドルネーム』がないので、名前欄にフルネームを書くのが難しかった。」(フィリピン、女性、30代)「待ち時間はひどく長いし、スタッフは外国人の対応を嫌がる。紙での手続きが多すぎる。」(ベトナム、女性、20代)「国籍を理由に、ほとんどの銀行で口座開設を断られた。」(イラン、女性、30代)なお、YOLO JAPANは、セブン銀行とパートナーシップ提携をしており、日本で暮らす外国人に対して、金融分野をはじめとしたより良い生活インフラを提供していくために、引き続き様々なサービスを展開していく予定です。また、来年2月20日までの限定で、セブン銀行の海外送金サービスを利用した会員のなかから抽選で100名にnanacoギフトカード千円分をプレゼントするキャンペーンを実施しています。詳しくは、以下のURLをご覧ください。https://www.yolo-japan.com/ja/remittance/service

YOLO JAPAN

YOLO JAPANとは?

日本に住む外国人に新しい働き方を提供する

YOLO JAPANとは、日本で働きたい外国人をサポートする「外国人専門求人サイト」です。
アルバイト・正社員のほかに、体験することで報酬が得られるモニターのお仕事やSNSに商品の感想を投稿するだけの簡単なインフルエンサーのお仕事など。楽しみながらできるお仕事がたくさん!

詳しくはこちら

@yolo_japan

FOLLOW ME!