サービス


お仕事から病院でのサポートまで、在留外国人の暮らしに関することを幅広くサポートしています。

アルバイトのお仕事

もっと見る

イベント

YOLO JAPANは、日本に住む外国人の暮らしを全面的にサポートする会社です。「お仕事を探したい」「日本語を勉強したい」「遊びに行きたい」「病院でのサポートが欲しい」日常生活の中にある"もっと"を、YOLO JAPANは提供します。そのために、日本で初めての外国人の拠点となる「YOLO BASE」を作りました。友達と、家族と、お一人でも、いつでもお気軽にお越し下さい。

もっと見る

お知らせ

ニュース / 2019.11.21

「帰国するから」外国人の7割が携帯電話の契約期間1年未満を希望

ニュース / 2019.11.21

在留外国人を対象に、226ヵ国13万人以上の在留外国人が登録している日本最大級のメディアを運営する、株式会社YOLO JAPAN(代表取締役:加地太祐、東京本社:東京都港区、以下「YOLO JAPAN」)がこのほど実施した携帯電話に関するアンケート調査※によると、申し込み手続きをする難しさや、短期間での契約ができるキャリアが少ない等の課題を感じている外国人は6割近くに上ることが分かりました。※アンケート実施期間:2019年5月24日~6月23日、回答者:81ヵ国597名のYOLO JAPAN会員全体のうち、6割近くの回答者(57%)は携帯電話の申し込みに苦労したと答えており、その理由として、契約書面が読めなかった(44%)、契約会社のスタッフとのコミュニケーションが難しかった(33%)、プランが多すぎてどれが良いか選べなかった(19%)が挙げられました。契約書が読めなかったと答えた人は、契約会社からのサポートが得られない場合に、「日本人の友人に読むのを手伝ってもらった。」(ミャンマー、女性、30代)や、「Google翻訳で対応した。」(ベトナム、女性、20代)などの方法で解決を図っていることが分かりました。また、最終的に契約はできたものの、支払いに必要なクレジットカードや銀行通帳および印鑑を用意することが遅れたために契約するまでに時間がかかったと答えた人も6割近く(57%)に達しており、外国人が携帯電話を契約する上での課題が示された形となりました。契約期間についても、全体の7割を超える回答者(71%)は一年未満を望んでいた一方で、その回答者のなかで実際に希望する期間内で契約できたと答えた人は2割に満たない(19%)ことが分かりました。短期間での契約期間を望む理由について、回答者からは以下のような声が聞かれています。「ワーホリビザで来ているので、一年だけあれば十分だからです。」(アルゼンチン、女性、30代)「日本に1年以上いるかもわからないのに、二年契約は長すぎるからです。プリペイドのSIMカードもないので短期間での契約がいいですね。」(ベトナム、女性、20代)「日本語学校に通う学生にとって、二年の契約は長すぎます。期間が満了する前に帰国したくなった場合、違約金が高額になるからです。」(ミャンマー、女性、30代)契約しているキャリアについて、ドコモ、au、ソフトバンクの大手3社(56%)の割合を合計すると半数を超える結果になったものの、月額料金などの点でより柔軟な設定をしている格安キャリア(44%)を選んだ回答者の割合も半数近くに迫っています。格安キャリアについては、幅広い選択肢があるなかで個人によって契約している会社は様々に分かれており、その数は23社に上っています。そのなかで、人気の高いキャリアとしてはⅡJmioやUQモバイルが挙げられています。現在、契約するキャリアを選んだ理由について、格安キャリアを選んだ7割超の人、そしてドコモ、au、ソフトバンクのいずれかと契約する四分の一のユーザーは、低い料金設定が決め手となったと答えています。それ以外に、大手キャリアではオプションサービスやサポートの充実(30%)、格安キャリアでは月額料金の安さ(74%)が魅力的な点として挙げられています。携帯電話の料金について、高いと感じている人は全体の半数を超える結果となりました。そのうち、7割以上は月額料金として3千円以上を支払っており、四分の一近くは1万円以上を出費している結果となりました。回答者からは、「月々の支払いが高すぎるので、キャリアを変えようと思っている。」(アメリカ合衆国出身の大手キャリアユーザー、男性、30代)や、「2GBプランで契約したらパケット数が少なすぎたので、その次に容量の大きい6GBのプランに変更したら今度は余った。」(ハンガリー出身の格安キャリアユーザー、女性、20代)などの声が聞かれており、低い料金設定や各ユーザーに合わせた柔軟で明瞭なプランの提供が求められています。なお、YOLO JAPANでは、携帯電話に関する外国人の課題を解決するべく、契約期間の縛りを設けずにいつでも解約可能、さらに解約手数料無料、カードや銀行口座がなくてもコンビニ払いで支払い可能で、格安で提供する「YOLO MOBILE Powered by JP MOBILE」を多言語で展開しています。詳しくは以下をご参照ください。https://www.yolo-japan.com/ja/mobile/

ニュース / 2019.11.19

「RICE SAVES  LIFEプロジェクト」始動!

ニュース / 2019.11.19

株式会社YOLO JAPANは、「心にひびくおいしいお米 おくさま印」の幸南食糧株式会社と日本に在住する外国人への食のサポートとして「RICE SAVES  LIFEプロジェクト」を始動することを発表いたします。 「RICE SAVES  LIFEプロジェクト」とは、日本に在住する外国人の最大の困りごとは「食」であると考え、大阪上位シェア米穀卸の幸南食糧と在日する外国人13万人を会員として持つYOLO JAPANの強みを活かし、日本米を彼らの非常食として提供するプロジェクトです。  コメの消費量が1962年をピークに現在に至るまで半減している現状にて、在日する外国人に食する機会を設けることで、日本米の美味しさや価値と魅力を伝えたい幸南食糧の想いと、在日する外国人に対しての献身的なサポートを常に試みるYOLO JAPANとの想いが合致し、今回の「RICE SAVES LIFEプロジェクト」至りました。 さらに協力者として、プロイラストレーターとしてニューヨーク・カンボジアなど国内外問わず活躍している「かずはりんぬ」氏と世界中に笑顔を広げるアーティストとして2012年ANA60周年機体デザインコンテストで大賞受賞した「RIE」氏に参画いただき、パッケージデザインを行って頂きました。 また、2019年11月23日大阪・新今宮「YOLO BASE」で開催する外国人向けフェスティバル「YOLO JAPAN FESTIVAL2019」にて参加者全員に無料配布予定、日本米を外国人の非常食として伝えていきます。 <YOLO JAPAN FESTIVAL 2019 開催概要> イベント名:SUNTORY presents YOLO JAPAN FESTIVAL 2019 略称:YOLO FES 2019 会場:YOLO BASE(大阪府大阪市浪速区恵美須西3-13-24) 日時:2019年11月23日(金)【開場】14:00【開演】15:00【終演】21:00 ※YOLO AWARD15:00~ 主催:YOLO JAPAN プレミアムパートナー:サントリーホールディングス株式会社 パートナー:株式会社セブン銀行、ダイキチカバーオール株式会社、株式会社明光ネットワークジャパン ベイサイドレンタカー株式会社 後援:大阪観光局、在名古屋ブラジル領事館、日本アジア人財協会 協力:エイベックスアカデミー、株式会社第一興商、株式会社よしもとクリエイティブエージェンシー 動員予定:延べ約3000人 入場料金:無料 アーティスト:遥海 DJ:Dmitri Absinthe、DJ Dennis、NINJA DJ & KUNOICHI DANCERS、Mizmon パフォーマー:YOLO GEISHA GIRLS(平田かのん、メリサ、Anis) 公式サイト:https://yolo-base.com/ja/yolofes2019/ ハッシュタグ:#YOLOFES 

ニュース / 2019.11.15

外国人が知らない日本のルールやマナーは「ゴミ出し」と「ビジネスマナー」。

ニュース / 2019.11.15

在留外国人を対象に、226ヵ国13万人以上の在留外国人が登録している日本最大級のメディアを運営する、株式会社YOLO JAPAN(代表取締役:加地太祐、東京本社:東京都港区、以下「YOLO JAPAN」)は、「日本のルールやマナー」に関するアンケート調査を実施しました。※アンケート実施期間:2019年8月13日~2019年9月14日 回答者数:72ヵ国513名[TOPICS]在留外国人のほとんどが、日本のルールやマナーを学んでいる来日して改めて気がつく「知らなくて困る」ルールやマナーとはグローバルに考える、日本のルールやマナーについて日本人からルールやマナーを直接学びたいという声  1. 在留外国人のほとんどが、日本のルールやマナーを学んでいる アンケート調査の回答者のうち、96%(490人)の人が、日本のルールやマナーについて調べたり学んだことがあると回答しました。そのうち約半数が、日本人の知人や友人に教わった(53%、270人)、母国で事前に調べた(51%、260人)、職場で教わった(47%、243人)と答えました。母国で調べるなどして事前に知っていた日本のルールやマナーは、1位が「挨拶について」(78%、400人)、2位が「時間について」(58%、296人)、3位が「ゴミの捨て方」について(54%、279人)でした。一方、比較的事前に知る人が少なかったルールやマナーは、値切りなどの「買い物について」(19%、99人)、「喫煙について」(28%、142人)、「ビジネスマナー」(32%、164人)でした。また「どこで知りましたか?」という質問のフリー回答には「日本語学校」が多くあがり、日本語学校が語学だけでなく実生活についての学びの場となっていることがわかりました。2. 来日して改めて気がつく「知らなくて困る」ルールやマナーとは日本でのルールやマナーについて「知らなくて困ったことがある」と回答したのは全体の60%(308人)を占めました。内訳として、最も多かったのは「ゴミの捨て方」(41%、126人)で、。続いて「ビジネスマナー」(39%、122人)が挙げられました。そのうち「注意をされた」または「ペナルティを受けた」と回答したのは41%(248人)となりました。「ゴミの捨て方」の具体例としては、「自治体指定のゴミ袋があることを知らなかった」(オーストラリア、40代、女性)「ゴミを前日の夜に出してはいけないと知らなかった」(アメリカ、50代、男性)「可燃ゴミと不燃ゴミの違いが分からなかった」(マレーシア、20代、女性)という回答があがり、事前に知っていたと回答した方の中にも、自治体による違いなど細かいルールを把握することは難しい現状がありました。「ビジネスマナー」の具体例としては、「名刺の渡し方や会議での座る位置」(イギリス、30代、男性)「クライアントへの挨拶」(アメリカ、20代、男性)「商談での自己紹介の仕方」(オーストラリア、20代、女性)などの日本特有の細かい習慣についてが、実践でしか学べる機会がなく、注意された経験が多いことがわかりました。3. グローバルに考える、日本のルールやマナーについて日本のルールやマナーについて「グローバルスタンダードにしたいと感じた良い事例がある」と答えたのは全体の81%(417人)に上り、その中でも1位は「ゴミの分別」29%(123人)が挙げられており、学校で生徒が掃除をする習慣が高く評価されていました。次いで「時間を守るマナー」が19%(79人)、「公共交通機関内での通話や写真撮影をしない」が13%(53人)となり、他者を思いやり尊重する日本人の習慣をグローバルスタンダードにしたいという意見が多くあることがわかりました。対して「変えた方がいい」と思われている日本のルールやマナーについて、282人の回答者のうち「ビジネスマナー」を挙げたのが18%(50人)と最も多く、特に上下関係の厳しさからくる労働時間の超過や、飲み会への出席の強要などが目立ちました。また、ジェンダーに関するルールやマナーも見直す必要があるという回答も7%(21人)あり、そのうち16人が女性で「食事会では女性がサーブすべきだという風潮」(ドイツ、20代、女性)、「レディファーストがなく、多くの旅館の荷物運びが女性の仕事になっている」(中国、20代、女性)、「女性がボスになれない傾向がある」(フィリピン、30代、女性)という声がありました。男性の回答には「女性はヒールシューズの着用が強要されることがある」(ガーナ、20代、男性)という指摘もありました。 4. 日本人からルールやマナーを直接学びたいという声日本でのルールやマナーについて学びたいと思いますか?という質問に対して、92%(470人)が「はい」と回答し、そのうち53%(249人)が日本人から直接学ぶことを希望し、次いで40%(186人)がインターネットで学ぶことを希望しました。お互いのストレスを軽減するため、在留外国人が日本人からルールやマナーを学ぶ機会を作ることに加え、国際社会において日本人が見直すべきルールやマナーについても学び、改善していくことが求められています。YOLO JAPANは、日本で暮らす外国人にとってより良いサポートを提供するために、アンケート調査で得られた意見も参考にしながら、引き続きサービスの拡充に努める考えです。

YOLO JAPAN

YOLO JAPANとは?

日本に住む外国人に新しい働き方を提供する

YOLO JAPANとは、日本で働きたい外国人をサポートする「外国人専門求人サイト」です。
アルバイト・正社員のほかに、体験することで報酬が得られるモニターのお仕事やSNSに商品の感想を投稿するだけの簡単なインフルエンサーのお仕事など。楽しみながらできるお仕事がたくさん!

詳しくはこちら

@yolo_japan

FOLLOW ME!